ライフプランニングとは

  • ライフプランニングはその名前どおり、生涯における計画で、状況把握と分析をしていく
  • 通常では、
  • 目的(いつまでに、どのような資金が必要か)などの明確化
  • 情報把握(現状の収支や資産・負債状況)などの情報把握
  • 分析(現状内容を反映させた将来に向けた「キャッシュフロー表」や「ライフイベント表:結婚や住宅取得、出産、退職など」を作成し分析
  • 対策(この部分からファイナンシャルプランニングとなっていくでしょう)
  • 余分な支出などがないか、支出の整理や現状の資産を運用する方法の検討や貯蓄計画などを行っていく
  • 一般的なライフプランニングの手順では
  • 1)目標(いつまでにどのくらいの資金が必要か等)を明確にし数値で表す
    2)現在の状況を収集し把握する(年収や資産状況などの把握)
    3)分析の実施(年度毎のキャッシュフロー表などを作成し、どのように推移していくかを分析する)
    4)改善策の検討→実行
    5)定期的な対策の見直し(家族構成や職業なども変化する場合もあります。変化に合わせながら対策も当然に変わります)
  • 将来的にどのくらいの資金がいるのか?住宅の購入の有無、子供の教育の方向性、年金の予定収入額などできる限り数値化することで、資金計画をより具体的に出すことができるわけです。